【第50回海外研修航海テーマ】
 Think Ahead,Act for Humanity ― 未来へつなぐ航海 ―

第50回海外研修航海SINCE1968第50回海外研修航海SINCE1968

【第50回海外研修航海テーマ】
Think Ahead,
Act for Humanity
― 未来へつなぐ航海 ―


研修目的&内容

研修目的この航海は、本学の海洋調査研修船「望星丸」を使用し、海外の諸文化・諸事情に触れ、実体験を通して、国際的視野に立った世界観・人生観の確立を目指します。また、船内という限られた生活環境の中での共同生活を通した人間形成を目的とします。
研修内容学園傘下の高等教育機関から参加した学生が団役員とともに共同生活を営み、英会話講座や洋上講座、寄港地に関する調査・発表、天文クラブ等学生主体のクラブ活動や、救命救急訓練を行います。また、洋上卒業式等のさまざまな行事を団役員とともに創り上げ、寄港地では大学訪問、グループ別自由研修、寄港地の人々を招く船上交流会を行い、望星丸は洋上のキャンパスとなります。


航路&寄港地
Route

2019.2.9
成田発

2.9~2.12(予定)
タヒチTahiti

タヒチ島はフランス領ポリネシア最大の島で、大タヒチと小タヒチの2つの島で構成されています。市街地は近代的な街並みにエキゾチックな雰囲気を漂わせる一方、郊外にはタヒチならではの自然が存分に残されています。

タヒチの海 タヒチの自然 タヒチの自然
2.20~2.22(予定)
イースター島Easter island

イースター島は、モアイが立つ島として有名で、周囲にはほとんど島らしい島が存在しない絶海の孤島となっています。地球上でもっともミステリアスな場所の1つであるこの島に思いを巡らせましょう。

イースター島 イースター島 イースター島
3.7~3.9(予定)
サモアSamoa

南太平洋のポリネシアにあるサモア諸島の西側を占める島国で、「世界で最も早く太陽が昇る国」でもあります。主な観光名所であるスティーブンソン博物館やティアピの滝、洞窟プールも必見です。

ポリネシアの様子 ポリネシアの様子 ポリネシアの様子
3.17~3.19(予定)
ミクロネシア Micronesia

島のハードコーラルの珊瑚礁とカラフルな海溝は感動的。オセアニア最大の広さを持つ、巨石でできた水上遺跡『ナン・マドール遺跡』があります。

ミクロネシア ミクロネシア ミクロネシア 横浜港 横浜港

2019.3.27
横浜港着