第51回海外研修航海SINCE1968

NEWS & イベント

  • Wed, 09 Oct 2019お知らせ
    追加募集を開始いたしました!
    第51回海外研修航海の参加者を追加募集いたします。希望者は下記日時までに手続きをお願いいたします。
    詳しくは募集要項をご確認ください。
    【申込期間】
    応募フォーム(ウェブ申請):2019年9月24日(火)~10月14日(月)23時59分59秒
    小論文・健康診断フォーム:2019年9月24日(火)~10月18日(金)23時59分59秒
  • Tue, 11 Sep 2019お知らせ
    第51回海外研修航海サイトを公開しました。

募集要項Requirements

研修目的 この航海は、本学の海洋調査研修船「望星丸」を使用し、海外の諸文化・諸事情に触れ、実体験を通して、国際的視野に立った世界観・人生観の確立を目指します。また、船内という限られた生活環境の中での共同生活を通した人間形成を目的とします。
研修内容 学園傘下の高等教育機関から参加した学生が団役員とともに共同生活を営み、英会話講座や洋上講座、寄港地に関する調査・発表、天文クラブ等学生主体のクラブ活動や、救命救急訓練を行います。また、洋上卒業式等のさまざまな行事を団役員とともに創り上げ、寄港地では大学訪問、グループ別自由研修、寄港地の人々を招く船上交流会を行います。正に、洋上のキャンパスです。
募集概要
・応募資格:
東海大学、東海大学短期大学部、東海大学医療技術短期大学の学生
・募集人数:
112名
・研修期間:
2020年2月20日(木)〜3月28日(土) 38日間
・使用船舶:
東海大学海洋調査研修船望星丸(2,174トン)
・コース:
東京→沖縄(那覇)→マレーシア(コタキナバル)→タイ王国(バンコク)→ベトナム社会主義共和国(ダナン)→台湾(基隆)→神奈川(横浜)
・参加費用:
398,000円※①日本国内における交通費、自由研修中の費用、パスポート及び査証申請費用等は含まれません。※②留学生についての詳細は、所属校舎の学生課・教学課・事務室に問い合わせてください。※③燃料価格の動向によっては燃油サーチャージを徴収することがあります。
・参加申込:
①所属校舎の学生課・教学課・事務室で応募手順を確認してください。
②応募書類(①健康調査シート、②小論文用紙)を以下の「◎手順2」よりダウンロードし、指定されたアドレス(以下の「宛先」に記載)にEメールで送信してください。
◎手順1
下記URLまたはQRコードを読み取り、応募フォームに入力してください。下記より応募フォームに入力してください。
QRhttps://bit.ly/2Kni45O応募フォーム
◎手順2
下記より①健康調査シート、②小論文用紙をダウンロードし、必要事項を記入して、以下の宛先(メールアドレス)へ、ワードファイルで添付して、Eメールで送信してください(必ず所属校舎のメールアドレスにお送りください)。
 なお、①のファイル名は「健康調査・所属校舎・学生証番号・氏名(例:健康調査・湘南・7B○○1234・東海太郎)」に、②は「小論文・所属校舎・学生証番号・氏名(例:小論文・湘南・7B○○1234・東海太郎)」にしてお送りください。
健康調査シートダウンロード
小論文用紙ダウンロード
宛先各校舎の宛先(メールアドレス)一覧表(PDFファイルが開きます)
件名「所属校舎・学番・名前」を件名に必ず入れること。
手順書き方例
・申込期間:
応募フォーム(ウェブ申請):2019年9月24日(火)~10月14日(月)23時59分59秒
小論文・健康診断フォーム:2019年9月24日(火)~10月18日(金)23時59分59秒
参加申込後の日程等(予定)
・選  考:
研修学生は、参加申込者の中から選考により決定します。
・選考日:
2019年10月9日〜15日の1日を予定。面接場所や日程は所属校舎の学生課・教学課・事務室が指示します。
・選考方法:
選考は、面接により本研修への志望動機をはじめとする応募者の意志を確認するとともに、日頃の学業成績・出席状況・提出書類を判断材料とします。さらに、船という特殊な環境で長期間過ごすことを考慮し、参加者の生命を守り航海の安全を確保する観点から、健康調査(GHQ、MAS)を行い、健康調査シート、健康診断書の結果を加味し、総合的に審査します。
・発表日:
2019年11月26日(火)
・参加手続:
2019年11月26日(火)~12月6日(金)
単位の認定 東海大学の学生は、①事前研修への参加及び課題の提出、②洋上研修全日程への参加、③洋上研修修了後の課題及び修了証授受の3要件を満たすことにより、自己形成科目「海外研修航海実習」4単位が付与されます(複数回参加した場合でも単位の付与は1回とします)。なお、東海大学以外の高等教育機関については、所属の事務室まで問合せてください。
団役員の構成(予定)団長1名、副団長1名、団役員(医師)2名、団役員(看護師)2名、団役員9名の計15名

団役員ページはこちら >

パンフレットダウンロードダウンロード

  • 航路&寄港地Route

  • 2.20東京発
  • 2.23 - 2.26
  • 那覇(沖縄)
  • 第1回海外研修航海が始まった1968年3月、記念すべき航海最初の寄港地が那覇。沖縄本島南部に位置し、琉球王国に由来する文化や史跡は世界遺産に登録されている。一方で、日本で最大の地上戦が行われ、凄惨な舞台となった戦跡が今なお各地に多く点在している。平和の尊さを、今以て見つめ直す機会となるでしょう。
  • 次の寄港地へ

  • 3.2 - 3.4
  • コタキナバル(マレーシア)
  • Kota Kinabalu (Malaysia)
  • マレーシアにある13州の一つサバ州の州都。ボルネオ島の北部に位置し、現地ではKKと呼び親しまれている。コタキナバルとは、「キナバルの街」という意味で、東南アジアの最高峰キナバル山(4,095m)があり、キナバル国立公園が世界遺産にも登録されている。海、山ともに自然が豊かで、街中も活気で溢れている。
  • 次の寄港地へ

  • 3.8 - 3.11
  • バンコク(タイ王国)
  • Bangkok (Thailand)
  • タイ王国の首都。都内の王宮や寺院、仏像などは圧巻。また、近郊にある有名なアユタヤ遺跡群は世界遺産にも登録されている。寄港時には、本学がその設立から60年近く支援と協力をし深い繋がりのある総合大学KMITL(King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang)を訪問し、各種の学生交流イベントが計画されている。
  • 次の寄港地へ

  • 3.15 - 3.17
  • ダナン(ベトナム社会主義共和国)
  • Da Nang (Vietnam)
  • 本学創設者、松前重義が献身的に人材育成に協力したベトナム社会主義共和国。その中部に位置するのが港湾都市ダナン。世界遺産の街ホイアンやミーソン遺跡、東南アジア屈指のビーチリゾートが近くに数多く点在する。今年、本学卒業生の同窓会ベトナム支部も組織されました。
  • 次の寄港地へ

  • 3.21 - 3.23
  • 基 隆(台湾)
  • Keelung (Taiwan)
  • 台北から電車で50分ほどの北東に位置し、台湾の貿易と物流を担う北部最大の港町。映画「千と千尋の神隠し」のモデル舞台となった九份老街、奇石で有名な「野柳地質公園」が近くにある。個性豊かな美食の屋台が軒を連ねることで有名。台北の夜市と食べ比べてみると良いでしょう。
  • 3.28横浜港着

航路&寄港地マップRoute Map

マップ
トップへ